踏み台サーバが必要となるパターン

プライベートサブネットのEC2にアクセスする場合など。