コストと使用状況レポートを利用すると過去のAWSのコスト状況を確認することが可能です。

 

また、コストと使用状況レポートをカスタマイズし、使用状況のデータを日単位または時間単位で集計することも可能です。