Amazon Elastic Transcoderとは?

 

Amazon Elastic Transcoderとは?

Amazon Elastic Transcoderでの動画編集を利用すると、ジョブは、パイプラインで受け付けた順に処理が開始されます。

ジョブの変換準備ができると、入力ファイルサイズ、解像度、ビットレートなど多くの変数が変換速度に影響します。

例えば、10 分の動画に iPhone 4 プリセットを使用する場合の期間は約 5 分です。多数のジョブを受け付けると、ジョブはバックログ (キュー) に登録されます

このシナリオでは、バックログの発生を抑えるために処理用のEC2インスタンスを一時的に増加させて対応したいというのが要件となります。

このような処理は一時的に発生するものなので、最適なインスタンスタイプはスポットインスタンスです。

スポットインスタンスは通常、バッチ処理ジョブで使用されます。 これらのジョブは、年間を通して存続しないため、入札したり、要求に応じて割り当てや割り当て解除を行うことができます。

Twitterでフォローしよう