Amazon WorkSpacesの構築手順 - WorkSpacesの削除

5分くらいかかる場合もあるとのこと。

ディレクトリの削除

まずは登録の解除から

削除

 

エラー発生

リンクをクリックしてみる。

何やら、Directory Serviceというサービスの画面に遷移した。

いろいろいじくっていたら、どうやらアプリケーション管理のところに登録されているWorkDocsというアプリがあるみたい。

WorkSpaces作成時のAD登録時にWorkDocsも必要でしょ?ってノリでADにサービス登録される仕様っぽい。

ちなみにWorkDocsはGoogleDriveみたいな製品でWorkSpaces内で利用してファイルを共有するサービスっぽい。

リンクをクリックしてみる。

 

こんどはWorkDocsのサービス画面に遷移した。

 

Twitterでフォローしよう