AWS Application Discovery Service

AWS Application Discovery Service とは

 

AWS Application Discovery Service (ADS)では、オンプレミスデータセンターに関する情報を収集することにより、ユーザーの移行プロジェクト計画作成を支援します。

 

データセンター移行計画には何千ものワークロードが存在し、多くの場合それらが相互に深く依存しあっています。サーバーの使用率データや依存関係のマッピングは、移行プロセス初期の重要なステップです。

AWS Application Discovery Service では、サーバーの設定データ、使用状況データ、動作データが収集され、ユーザーに提供されます。これにより、ユーザーはワークロードを十分に把握することができます。

収集されたデータは、AWS Application Discovery Service のデータストアに暗号化形式で保存されます。

このデータを CSV ファイルとしてエクスポートし、AWS で稼働した場合の総所有コスト (TCO) の見積もりや、AWS への移行計画に使用できます。

また、このデータは AWS Migration Hub でも利用できます。このサービスでは、検出したサーバーを AWS に移行し、AWS に移行する際の進捗を追跡できます。