ElastiCacheとは?メリットとか特長とかを解説

 

ElastiCacheとは?

Amazon ElastiCache では、完全マネージド型の Redis および Memcached を利用したインメモリDBを構築することができ、高速なデータ処理を実行可能です。

クラウド内のインメモリデータストアまたはキャッシュのデプロイ、運用、および拡張を容易することができます。

 

このサービスは、低速のディスクベースのデータベースに完全に依存するのではなく、高速の管理されたインメモリデータストアから情報を取得できるようにすることで、Webアプリケーションのパフォーマンスを向上させます。

 

ユースケース

ランキングやレコメンデーション(購買履歴表示)の実装に使うための便利な機能を有しています。

 

 

特徴

  • インメモリDB型キーバリューストアの高性能データベースである
  • アプリにはMemcachedとRedisがある
  • キャッシュデータにミリ秒以下のレイテンシーにアクセスを提供することで、高速のデータ処理を可能
  • ユーザー行動データの高速な処理に最適なDB
  • 行動データ記録に応じたリアルタイムのランキング処理やアイテム出現などを実現することが可能
  • ElastiCacheは高速データ処理に向いていますが、NoSQL型のデータベースでリレーショナルデータベースとして利用することはできない
  • コンテンツ配信用のキャッシュ処理には向かない

 

何のために利用する?

高速なクエリ処理にElastiCacheが必要です。

 

何ができる?

ElastiCacheを利用すると、セッションと頻繁なDBクエリを保存してWEBページの読み取り時間を短縮が可能になります。

 

どういう構成で利用する

ネットワーク構成図(例)

 

どいういう設定がなぜ必要?

 

MemcachedとRedisの使い分け

どいういう場合にどちらを利用するのがベストか?なぜか?

 

テスト方法はどんな方法があるか?

 

 

参考サイト

Amazon ElastiCache

 

Memcached

 

 

Redis

 

MemcachedとRedisの違いとは?

 

リードレプリカとの違いは?

  • ElastiCacheの方が、高価である