AWS SNS(Simple Notification Service)とは? SNSメッセージ

 

 

Amazon_SNS(Simple Notification Service)とは?

SNSはマイクロサービスなどの分離を可能にする、高可用性で、耐久性に優れたセキュアな完全マネージド型 pub/sub メッセージングサービスです。

プッシュ型の連携処理や通知機能の実装に利用します。

SNSはアプリケーションやコンポーネント間でのメッセージの送信と受信を繰り返す仕組みとして利用できます。

SNSは pub-sub に対応しており、SNSトピックにメッセージを送信(publish)すると、トピックを購読(subscribe)しているsubscriberにメッセージが一斉配信されます。

 

 

Amazon SNS を利用すると、アプリケーションは「プッシュ」メカニズムを使用して、複数のサブスクライバーにタイミングが重要なメッセージを送信することができます。

そのため、更新を定期的に確認したり、「ポーリング」する必要性がなくなります

Amazon SNS は、優れたメッセージ耐久性を提供するために、クロスアベイラビリティゾーンのメッセージストレージを使用します。

SNSはAWS独自のクラウドネイティブなパブ/サブ型のメッセージングサービスです。

メッセージングが主要な役割であり、ワーカープロセスにはSQSを利用します。

 

Amazon SNSはマイクロサービスなどの分離を可能にする、高可用性で、耐久性に優れたセキュアな完全マネージド型 pub/sub メッセージングサービスです。

プッシュ型の連携処理や通知機能の実装に利用します。

 

請求アラームを構築するには?

参考サイト

 

SNSの機能

Amazon SNS を使用して、SMS 対応デバイスに SMS メッセージを送信できます。

電話番号に対して直接メッセージを発行することが可能です。

その際にAmazon SNS トピックに電話番号をサブスクライブする必要はありません。

データ処理停止時のイベントトリガーとSNSとを連携させることで、停止イベントをトリガーとしてEメールを即時に送ることで通知することができます。

SNSはマイクロサービスなどの分離を可能にする、高可用性で、耐久性に優れたセキュアな完全マネージド型 pub/sub メッセージングサービスです。

プッシュ型の連携処理や通知機能の実装に利用します。

SNSはアプリケーションやコンポーネント間でのメッセージの送信と受信を繰り返す仕組みとして利用できます。

SNSは pub-sub に対応しており、SNSトピックにメッセージを送信(publish)すると、トピックを購読(subscribe)しているsubscriberにメッセージが一斉配信されます。

 

ユースケース

2つのコンポーネント間の連携をAWS上で実現する方式を検討しています。

この処理では「顧客からのデータベースへのデータ登録」が実行されたことをメッセージ通知して、複数のEC2インスタンスを利用した処理サーバーによる並列処理を実施します。

顧客からのデータ登録要求は多数発生する可能性がありますが、いづれか1つのサーバーで処理ができれば良いです。

 

このシナリオでは「顧客からのデータベースへのデータ登録」が実行されたことをメッセージ通知して、複数のEC2インスタンスを利用した処理サーバーにより並列処理を開始することが要件となっています。

この要件はSNSとSQSの連携によって実現することが可能です。

実装としては「顧客からのデータベースへのデータ登録」をトリガーとして、SNSによってSQSにメッセージを送信します。次に、SQSがデータ処理を依頼するキューをEC2サーバーに送信します。

SQSを利用することでSNSによるイベント通知を、いづれかのサーバーで1回は絶対に処理がされるようにポーリング処理することができ、処理サーバーによる並列処理を開始することができます。

 

 

 

 

Twitterでフォローしよう