Auroraのリードレプリカについて

 

Auroraのリードレプリカとは

Auroraは最大15のリードレプリカを利用した高速読み込みが可能です。

最大 15 個の Aurora レプリカを、1 つの AWS リージョンの中で DB クラスターが処理するアベイラビリティーゾーン全体に分散できます。

Aurora レプリカは、Aurora DB クラスター内の独立したエンドポイントで、読み取りオペレーションのスケーリングと可用性の向上に最適です。

 

 

AuroraはソースDBクラスターとは異なるリージョンにリードレプリカを作成することができます。

この方法を採用すると、障害回復機能を向上させ、読み取り操作をユーザーに近いリージョンに拡張しつつ、あるリージョンから別のリージョンへの移行を容易にすることができます。

Amazon Aurora MySQL DB クラスターを、ソース DB クラスターとは異なる AWS リージョンにリードレプリカとして作成できます。

このアプローチを使用すると、災害対策機能が向上し、ユーザーに近い AWS リージョンへの読み取りオペレーションをスケールして、AWS リージョン間の移行を容易にすることができます。