AWSで優れたアーキテクチャを設計するには、AWSベストプラクティス、Well Architechted Frameworkという設計原則に沿ってシステム設計をすればできます。

AWSで優れたアーキテクチャを設計する方法

AWSベストプラクティスとは?

AWSのベストプラクティスとなる設計原則には、さまざまなユースケースに適用できる多くの設計パターンとアーキテクチャオプションが含まれています。

この設計原則を利用することで最適なAWS利用が可能となります。

こうした原則はAWS ホワイトペーパーなどにより、確認・学習することが可能です。

 

AWSのベストプラクティスとなる設計原則(チェック事項)

  • スケーラビリティ
  • デプロイ可能なリソース
  • 環境の自動化¥
  • 疎結合化
  • サーバーの代わりのマネージドサービス
  • 柔軟なデータストレージオプション

この設計原則はAWSで設計する際にチェック項目として利用できます。

 

Well-Architected Frameworkとは?

Well-Architected Frameworkは、安全で高いパフォーマンス、障害耐性を備え、効率的なインフラストラクチャを構築するのをサポートする目的で開発されました。

このフレームワークでは、5 つの柱 (運用上の優秀性、セキュリティ、信頼性、パフォーマンス効率、コスト最適化) に基づいて、ユーザーとパートナーがアーキテクチャを評価し、時間と共にスケールする設計を実装するための一貫したアプローチが提唱されています。

 

Twitterでフォローしよう