【AWS】EFSとは

 

【AWS】EFSとは

参考サイト

 

特徴

EFSを利用することで、複数のEC2インスタンスが同時にEFSファイルシステムにアクセスできるため、EFSは複数のAmazon EC2インスタンスで実行されているワークロードとアプリケーションに共通のデータソースを提供できます。

EFS にはファイルシステムインターフェイスとファイルシステムのアクセスセマンティクス (強い整合性ファイルのロックなど) が用意されており、最大数千の Amazon EC2 インスタンスからの同時アクセスが可能なストレージが提供されます

 

Amazon EFS は、幅広いワークロードに対応するために必要なスループット、IOPS、および低レイテンシーを提供できるように設計されており、汎用最大 I/O2 種類のパフォーマンスモードを提供します。

汎用モード

汎用モードは、ファイルシステムオペレーション単位で最小レイテンシーを実現するだけでなく、ランダムまたはシーケンシャル IO パターンでも同じ結果を得ることができます。したがって、最小レイテンシーを実現するためには汎用モードを選択することが必要です。

最大I/O モード

最大I/O モードのファイルシステムは、ファイルオペレーションのレイテンシーがわずかに長くなる代わりに、スループットが高性能にスケールできます。

 

 

 

バースト機能について

EFSでは突然アクセスが増加するケースにはバーストスループットモードを選択します。

バーストスループットモードを選択すると、スループットはファイルシステムのサイズに合わせてスケールされ、ファイルベースの多数のワークロードの不規則な性質に対応するために、必要に応じて動的にバーストされます。

これによって、EFSは一時的な高負荷に対応できるパフォーマンスを発揮することができます。

バーストスループットでは、スループットはファイルシステムのサイズに合わせてスケールされ、ファイルベースの多数のワークロードの不規則な性質に対応するために、必要に応じて動的にバーストされます。

 

プロビジョニングされたスループットは、デフォルトのバーストモードより高い専用スループットを必要とするアプリケーションをサポートするように設計されており、ファイルシステムに格納されているデータの量とは関係なく設定することができます。

 

 

 

 

DataSync との連携

AWS DataSync は、オンプレミスストレージと Amazon EFS 間でデータを迅速かつ簡単に移動することができるマネージド型のデータ転送サービスです。DataSync を使用すれば、オープンソースツールと比べて最大 10 倍の速度で、アクティブなデータセットを AWS Direct Connect またはインターネット経由で転送できます。アプリケーションを変更したり、API に書き込む必要はありません。このサービスは、1 回のデータ移行、定期的な同期を伴う進行中のワークフロー、およびデータの保護と復元のレプリケーションに使用することができます。

 

バックアップについて

AWS バックアップを利用する。

AWS バックアップはAmazon EFS ファイルシステムの中央管理とバックアップの自動化が簡単にできるフルマネージド型のバックアップサービスです。

 

ストレージクラスについて

Amazon EFS は標準ストレージクラス低頻度アクセスストレージクラス (EFS IA) という2つのストレージクラスを利用しています。

EFS IA は、毎日アクセスしないファイルに対して最適化されたコスト効率の料金/パフォーマンスを提供します。

ファイルシステムで EFS ライフサイクル管理を有効にするだけで、選択したライフサイクルポリシーに従ってアクセスしないファイルは、自動的かつ透過的に EFS IA に移されます。

EFS IA ストレージクラスの費用は、たったの 0.025 USD/GB-月* です

 

ライフサイクル管理を有効にして自動的にIAクラスへの移行するように設定することでEFS IAを利用します

EFS Standardストレージクラスは値段が高い方のクラスです。

スループットモードは、ファイルシステムで実行できる全体のスループットを決定する際に利用する機能です。

 

コスト削減方法

Amazon EFS は標準ストレージクラスと低頻度アクセスストレージクラス (EFS IA) という2つのストレージクラスを利用しています。

EFS IA は、毎日アクセスしないファイルに対して最適化されたコスト効率の料金/パフォーマンスを提供します。

ファイルシステムで EFS ライフサイクル管理を有効にするだけで、選択したライフサイクルポリシーに従ってアクセスしないファイルは、自動的かつ透過的に EFS IA に移されます。

EFS IA ストレージクラスの費用は、たったの 0.025 USD/GB-月* です。

 

実装手順

マウントターゲットはEFSを設定する際に利用します

 

Twitterでフォローしよう