AWS面談に落ちまくってもやるべき対策

 

AWS面談に落ちまくってもやるべき対策

AWS面談で受かることが最終目的ですが、受からなくてもやるべき重要項目があります。

それはプロジェクトの情報収集です。

なぜなら、現時点で動いている生のプロジェクトの動向やニーズがわかるからです。

1件や2件だとわかりにくいので複数ヒアリングする必要があるわけです。

そうするとニーズに対する共通点が見えてくるので、自分に足りないところを補うための戦略が立てられます。

また、その顧客ニーズを明確にするための質問を作るのに役立てるのです。

こうやって、顧客ニーズと自分の売りとするところをすり合わせると、アピールしていくと面談合格率が上がります。

 

確認項目

フェーズ(要件定義、設計、構築、保守)

 

AWS案件の場合、要件定義からの場合が多い。

 

対策