AWSを販促に利用できるよう考察する

 

既に回っているWEBサイトビジネスを探す

 

営業利益の内訳を明確にする

これからの営業戦略を考える

現在のシステムデータ、営業データを収集する

足りないデータを収集するシステムを設計、構築、保守する。

 

現状のシステムを変更せずに、データを外部に送信して解析する場合、システム連携が必須となる。

 

 

Twitterでフォローしよう