sorryページ、メンテナンスページを作成して切り替える

 

sorryページ、メンテナンスページを作成して切り替える

手順概要

  • メンテナンス内容、時間を決める
  • メンテナンスページを作成する
  • 検証環境を構築する
  • 仕組みを作る(選ぶ)(設計)
  • 構築する
  • 検証する(テスト)

 

Sorryページのユースケースとメリット

  • アクセスの少ない時間帯にEC2を止めることにより、コスト削減ができる
  • システムにアクセスさせないためセキュリティ向上が向上する

 

 

おすすめの記事