AWS StorageGatewayとは?S3をオンプレのバックアップとして利用

 

AWS StorageGatewayとは?

オンプレミス環境から、AWS上への実質無制限のクラウドストレージへのアクセスを提供するサービスです。

 

AWS Storage Gatewayは、オンプレミスアプリケーションがAWSクラウドストレージをシームレスに接続することができるハイブリッドストレージサービスです。 このサービスはバックアップ、アーカイブ、災害復旧、クラウドデータ処理、および移行に使用できます

 

 

特徴

  • ストレージそのものというよりは、ストレージ同士を繋げるサービス、統合するサービス
  • オンプレミスとAWSのハイブリッド構成で利用するサービス
  • AWSのS3と、オンプレ側のストレージを統合して、バックアップができるようにするときに利用する
  • オンプレミス側からAWSのS3などの(実質的に無制限なクラウドストレージ)へアクセスが可能
  • AWS Storage Gatewayサービスを使用してFile Gatewayはデータ転送ではなく、バックアップ取得に利用される

 

参考記事

 

利用用途(ユースケース)

Storage GatewayはS3とオンプレミスストレージ間のデータ転送やバックアップ構成に利用します。

 

機能について

AWS Storage Gateway は、ファイルベース、ボリュームベース、およびテープベースのストレージソリューションを提供します。

  • ファイルゲートウェイ
    • S3へのファイルインターフェイスをサポート
    • ネットワークファイルシステム (NFS) やサーバーメッセージブロック (SMB) を使用して、Amazon S3 でオブジェクトを保存および取得できます
  • ボリュームゲートウェイ
    • オンプレ(VMware ESXi、KVM、Hyper-V)のアプリサーバからiSCSIデバイスとしてマウントできる
    • キャッシュ型ボリューム
      • S3をプライマリーストレージとして、オンプレミスストレージとのハイブリッド構成を実現する際に利用する
      • AWS側をプライマリーとして利用する際に利用する
      • 頻繁にアクセスされるデータはローカルのストレージゲートウェイに保持しながら、Amazon S3 をプライマリデータストレージとして使用できます
      • ストレージをオンプレミスで拡張する必要を最小限に抑えます
      • ストレージゲートウェイのキャッシュ型ボリュームを使用すると、頻繁にアクセスされるデータをストレージゲートウェイでローカルに保持しながら、S3をプライマリデータストレージとして使用できます
      • キャッシュ型ボリュームは、オンプレミスのストレージインフラストラクチャをスケールする必要性を最小限に抑えます。同時に、アプリケーションからは引き続き、頻繁にアクセスするデータへの低レイテンシーなアクセスが可能になります。作成できるストレージボリュームのサイズは最大 32 TiB で、それを iSCSI デバイスとしてオンプレミスのアプリケーションサーバーにアタッチすることが可能です。ゲートウェイは、書き込まれたデータを Amazon S3 に作成されたストレージボリュームに保存し、最近読み込まれたデータはオンプレミスのストレージゲートウェイのキャッシュに保持して、バッファストレージにアップロードします。
    • ストレージゲートウェイ保管型ボリューム
      • ローカルストレージをプライマリーストレージとして利用することが主な要件
      • 非同期的に Amazon S3 にバックアップする
      • 保管型ボリュームを使用すると、プライマリデータをローカルに保存する一方で、そのデータを非同期に AWS にバックアップします
  • テープゲートウェイ
    • テープゲートウェイを使用すると、バックアップデータをコスト効果や耐久性の高い方法で GLACIER または DEEP_ARCHIVE にアーカイブできます

 

StorageGatewayの暗号化について

デフォルトで保存データを暗号化しているサービス

  • AWS Storage Gateway(SSE-S3)
  • Amazon Gracier(SSL)

 

AWS Storage Gatewayによって保存されたすべてのデータは、デフォルトでAmazon S3管理暗号化キー(SSE-S3)を使用してサーバー側で暗号化されます。

Amazon Glacierはデフォルトで保存データを暗号化し、SSLによる安全なデータ転送をサポートします。

 

キャッシュ型ボリュームとは

ストレージゲートウェイ キャッシュ型ボリュームはS3をプライマリーストレージとして、オンプレミスストレージとのハイブリッド構成を実現する際に利用します。

キャッシュ型ボリュームを使用することで、頻繁にアクセスされるデータはローカルのストレージゲートウェイに保持しながら、Amazon S3 をプライマリデータストレージとして使用できます。

ストレージゲートウェイ保管型ボリューム

ストレージゲートウェイ保管型ボリュームはオンプレミスアプリケーションによる AWS クラウドストレージのシームレスな使用を可能にするハイブリッドストレージサービスです。

こちらはローカルストレージをプライマリーストレージとして利用することが主な要件となります。

 

AWS Storage Gatewayの関連サービス、アイコン

 

 

Twitterでフォローしよう