やること概要

  • 請求ダッシュボードで請求アラート設定を有効化する
  • CloudWatchでアラートを設定する

 

請求アラームとは

  • 特定の閾値を越えたらアラームを発生する
  • 課金料金のグラフ化

 

 

請求アラート設定(前準備)

まずは、請求アラート設定をするIAMユーザを決める

rootユーザーでも請求アラート設定は可能だが、今回はIAMユーザーに権限を付与する

請求アラートを設定するにはrootユーザーでIAMユーザーに「請求情報とコスト管理ダッシュボード」画面の閲覧に対する権限を付与する必要がある。

「IAMユーザーに権限を付与する」と書いたが、具体的には管理者権限が付与されたIAMユーザに対して、rootユーザーから「請求情報とコスト管理ダッシュボード」画面へのアクセス許可を与えるといった方が正確。

 

手順

IAMユーザーでログインしている場合はマネジメントコンソールからサインアウトする

rootユーザーでネジメントコンソールにログインする

 

マイアカウントをクリック

編集をクリック

これで管理者権限の付与されたIAMユーザが「請求情報とコスト管理ダッシュボード」画面にアクセスできるようになる。

(メニューが表示されるようになる)

 

 

IAMユーザで請求アラートを設定する

IAMユーザーで「請求情報とコスト管理ダッシュボード」画面にアクセスする

IAMユーザーでログインする

マイ請求ダッシュボードに移動する

請求設定をクリック。

無料利用枠の使用アラートを受信する にチェックを入れる。メルアドも入力する。

請求アラートを受け取る にチェック入れる。

これで、S3容量の無料枠を超えた場合などに請求がメールで通知されるようになる。

また、CloudWatch上で請求アラートの設定ができるようになる

Twitterでフォローしよう