Cloudformationテンプレートの書き方、作り方

 

Cloudformationテンプレート属性の説明

Outputsセクション

他のスタックにインポートするクロススタック参照を作成します。

AWS CloudFormation コンソールで表示する出力値を宣言します。

 

Resources

EC2インスタンスなどのスタックリソースとそのプロパティを指定します。

 

Parameters

実行時にテンプレートに渡す値を指定します。

 

Description セクション

そのテンプレートに関するコメントを指定します。

 

Mappingセクション

リージョンに基づく値を設定する場合、リージョン名をキーとしてAMI IDなどの値をマッピングすることが可能です。

その場合、具体的なリージョンごとに必要な値を指定し、マップ内の値を取得するにはFnFindInMap 組み込み関数を使用します。

 

Conditionsセクション

エンティティが作成または設定される状況を定義することができます。

条件を作成し、それをリソースまたは出力に関連付けることで、条件が true の場合にのみ AWS CloudFormation がリソースまたは出力を作成するようにできます。

 

 

CreationPolicy 属性

スタックの作成に進む前にリソース設定アクションを待機する。

CloudFormationによるスタックの作成を進める前に、アプリケーションが適切に実行されていることを確認する。

 

 

cfn-signal ヘルパースクリプト

AWS CloudFormationに信号を送り、Amazon EC2インスタンスが正常に作成または更新されたかどうかを示します。

インスタンスにソフトウェアをインストールして設定する場合、それらのソフトウェアアプリケーションの準備ができたらAWS CloudFormationにシグナルを送ることができます。

リソースにシグナルを送信することが可能。

 

SignalResource API

リソースにシグナルを送信することが可能。

 

 

AWSAutoScalingAutoScalingGroupリソース

UpdatePolicy 属性 を使用して、AWS CloudFormation スタックが更新されるときの Auto Scaling グループリソースの更新方法を定義します。

 

UpdatePolicy 属性が正しく設定されていない場合、ローリング更新によって予期しない結果が生成される可能性があります。

AWS CloudFormation が Auto Scaling グループのローリング更新を処理する方法は、AutoScalingRollingUpdate ポリシー を使用して制御できます。

この共通的なアプローチでは、同じ Auto Scaling グループを保持し、設定したパラメータに基づいて古いインスタンスの置き換えを行います。

 

 

 

 

 

UpdateReplacePolicy 属性

AWS CloudFormation によるスタック更新オペレーション時にリソースの置換を処理する方法を指定します。

 

 

DependsOn 属性

VPNGatewayAttachment を指定します。

これにより、ルート伝達は仮想プライベートゲートウェイのアタッチ後に作成されます。

 

pdatePolicy属性

特定リソースのためにローリングアップデートを処理するかを指定する。

AWS CloudFormationが特定リソースのためにローリングアップデートを処理するかを指定する事が出来ます。

 

 

 

 

 

Twitterでフォローしよう