CloudFrontキャッシュが期限切れになる前にファイルを削除する

 

キャッシュが期限切れになる前にファイルを削除する時とは?

ユースケースとしては、間違ってメンバーの1人がファイルUPして、CloudFrontに自動的にキャッシュされてしまった場合など。

なお、S3の対象オブジェクトの配信無効化設定をしてもオリジンサーバしか反映されないでのエッジ側を操作する必要がある。

 

方法1

  • エッジキャッシュからファイルを無効化する。
    • aws cloudfront create-invalidationコマンドを利用
  • ビューアが次にファイルをリクエストした際に、CloudFrontがファイルの最新バージョンを取得してファイル自体を更新する。

 

方法2

ファイルのバージョン管理を使用して、違う名前の違うバージョンファイルをUPする

 

 

おすすめの記事