CloudFrontの「署名付きURL」と「署名付きcookie」の使い分け

 

CloudFrontの「署名付きURL」と「署名付きcookie」の違い

Cloud Frontが配信するコンテンツにアクセスできるユーザーを制御する点では、どちらも同じ機能を提供します。

しかし、要件、状況、環境により、使いわけが必要になってきます。

 

署名付きCookie

ユースケース

  • 現在のオブジェクトURLを変更しないで、有料会員だけにプライベートメディアへアクセスさせる
  • HLS形式の動画のすべてのファイル、Webサイトの購読者領域のすべてのファイルなど、制限のある複数のファイルへのアクセスを提供する場合

 

実現方法

  • Cloud Frontの署名付きCookies機能によりプライベートファイルにアクセスできるユーザー権限を管理する

 

機能

署名付きCookieはRTMPディストリビューションはサポートしない。

 

RTMPディストリビューション=RTMP形式によるストリーミング動画配信(Adobeメディア)

AdoveのFlash廃止に伴い廃止されたっぽい。代替サービスが出るだろう。。。おそらく。

署名付きURL

署名付きURLを利用してコンテンツを配信することで、コンテンツを閲覧できるユーザーを制限することができます。

 

署名付きURLを使うべき状況

  • RTMPディストリビューション(Adoveストリーミング配信)を使いたい場合。
  • アプリケーションのインストールダウンロードなど、個々のファイルへのアクセスを制限したい。
  • ユーザーがクッキーをサポートしていないクライアントを使用している。

 

 

 

Twitterでフォローしよう