「ボリュームタイプ」がルートの場合、スループット最適化HDDを選択することはできないことが判明。

 

追加したEBSボリュームに対して適用が可能。