EBSの冗長化

 

EBSの冗長化

EBSのRAID1構成はクリティカルなアプリケーション内など、耐障害性が I/O パフォーマンスより重要な場合に利用され、EBSが故障したとしてもデータの消失を防ぐことができ、RTO1分以内の回復が可能です。

Amazon EBS はインスタンスでの冗長性確保のため、RAID 1 では 2 つのボリュームを同時にミラーリングできます。

Amazon EBS ボリュームのデータは、同じアベイラビリティーゾーン内の複数のサーバーにレプリケートされます。

これは、コンポーネントの 1 つに障害が発生したことが原因でデータが失われるのを防ぐためです。

このレプリケーションにより、一般的なコモディティディスクドライブに比べて Amazon EBS ボリュームの信頼性は10 倍に高まります。