EBSボリュームタイプの選び方

 

要件定義を明確にする

 

 

EBSボリュームタイプの種類

Amazon EBS ボリュームの種類(公式サイト)

汎用SSD(gp2)

General Purpose SSD(gp3)

プロビジョンド IPOS SSD(io1)

Provisioned IOPS SSD (io2)

マグネティック (Standard)

注意書き

汎用 (SSD) ボリュームは、3000 IOPS までのバーストが可能で、1 GiB あたり 3 IOPS の一貫したベースラインで機能します。

プロビジョンド IOPS SSD ボリュームは、最大 64000 IOPS まで提供することができ、EBS 最適化インスタンスに最適です。

以前はスタンダードボリュームと呼ばれていたマグネティックボリュームは、平均 100 IOPS を提供し、数百 IOPSまでのバーストが可能です。EBS ボリュームタイプ の詳細情報をご覧ください。

 

作成手順

EC2を作成する途中で作成する仕様となっている。

※2021/02/24現在

 

 

スループット最適化 HDD (st 1) と Cold HDD の違い

EBS ボリュームタイプ を参照

 

Amazon EBS ボリュームの種類

IOPSがどのくらいあるか調べる

 

Twitterでフォローしよう