同じ構成のEC2を効率的に構築する方法

 

同じ構成のEC2を効率的に構築する方法

効率的にEC2インスタンスを多数起動させるためには、ブートストラップとゴールデンイメージを利用する

 

ブートストラップ(Bashシェルスクリプトの利用)

EC2インスタンスやRDSインスタンスなどのAWSリソースを起動するとき、Bashシェルスクリプトを利用して自動で設定を反映することができます。

これを利用して、ソフトウェアをインストールしたり、データをコピーしておいたりとインスタンスの設定を自動化することができます。

ゴールデンイメージ

Amazon EC2インスタンス、Amazon RDS DBインスタンス、Amazon Elastic Block Store(Amazon EBS)ボリュームなどの特定のAWSリソースタイプは、ゴールデンイメージ(そのリソースの特定の状態のスナップショット)から起動できます。

ブートストラップアプローチと比較すると、ゴールデンイメージは起動時間を短縮し、構成サービスまたはサードパーティのリポジトリへの依存関係を削除します。

これは、需要の変化への応答として追加のリソースを迅速かつ確実に起動できるようにする自動スケーリング環境で重要です。