EFSで運用コスト削減するためのインスタンス利用戦略

  1. 既存のEFSに対してライフサイクル機能を設定する。
  2. スポットブロックを利用して、バッチ実行を処理する。

 

EFSではライフサイクル管理により選択したライフサイクルポリシーにもとづいて、保存データを自動的に 低価格なEFS IA ストレージクラスに移動させることができます。これによって、ファイル保存コストを低減させることができます。

 

スポットブロックスポットインスタンス を起動することで、スポットインスタンスを効果的に活用することができます。スポットブロックはスポットインスタンスを中断なく1~6時間継続して利用できる可能にする新機能です。

Amazon EC2 のキャパシティーの都合でスポットインタタンスは中断が発生する場合がありますが、スポットブロックは中断されず、

選択した期間継続して実行されるように設計されています。

既存のインスタンスをスポットインスタンスのスポットブロック利用に変更して、2時間のレポート処理のためのバッチ実行を処理することで、コストを削減することができます。