ALBの特徴について

 

ALBの特徴

  • L7に対応(L4は未対応)
  • URLのパスに基いてルーティングが可能なパスベースルーティングが可能
  • WebSocketとHTTP/2のリクエストを受付るL7に対応
  • 1インスタンスに複数ポートを登録可能
  • EC2インスタンスをターゲットグループに割り当てる際、複数ポートを個別のターゲットとして登録することが可能なため、ポートを利用するコンテナをロードバランシング可能
  • ターゲットグループでのヘルスチェックが可能
  • アクセスログの情報追加
  • EC2と同様に削除保護が可能
  • ALB自体が自動的にキャパシティを増減

 

要件(ユースケース)

EC2インスタンスとELBとを連携させる構成を設定しています。ELBWebSocketプロトコル機能のHTTP/HTTPS リスナーでリクエストを受信して、 HTTP/1.1 から Upgrade した WebSocket 通信によって、トラフィックを制御する必要があります。この要件を満たすELB

ALB では標準で WebSocket プロトコル機能に対応しているため、HTTP/HTTPS リスナーで受けて HTTP/1.1 から Upgrade で WebSocket 通信を開始することができます。

 

 

 

Twitterでフォローしよう