Dropbox やGoogle Drive OneDrive を利用する。こちらの方法は個人で使うことが多いです

その他に S 3を利用する方法もある。S 3を利用する場合はの場合は他人と共有する場合が考えられます。

 

Google 日本語入力のファイルの場所

C:\Users{ユーザー名}\AppData\LocalLow\Google\Google Japanese Input\user_dictionary.db

 

ファイルを開くには以下のパスをコマンドプロンプトなどにコピペするといいでしょう。

explorer C:\Users\%username%\AppData\LocalLow\Google\Google Japanese Input

おすすめの記事