Lambda関数とRDSの連携

 

Lambda関数とRDSの連携

 

RDS プロキシはアプリケーションとRDSデータベースの間の仲介役として機能します。RDS プロキシは、必要となるデータベースへのコネクションプールを確立および管理し、アプリケーションからのデータベース接続を少なく抑える機能です。RDS プロキシは、Lambda関数からデータベースに直接流れるすべてのデータベーストラフィックを処理します。

Lambda関数はデータベースインスタンスではなくRDSプロキシを利用して接続することが求められます。RDSプロキシは、Lambda関数の同時実行によって作成された大量の同時接続をスケーリングするために必要なコネクションをプーリングします。これにより、Lambdaアプリケーションは、Lambda関数呼び出しごとに新しいコネクションを作成するのではなく、既存のコネクションを再利用できます。

 

Twitterでフォローしよう