Lambdaのユースケース(インフラ自動化処理)

 

Lambdaのユースケース

 

Lambdaスケジュールイベント

Lambdaスケジュールイベントにより、Lambda関数を作成し、AWS Lambdaに定期的なスケジュールで実行するよう指示することができます。

これによってLambda関数のイベントをトリガーとしてITインフラストラクチャの自動化処理を実現することができます

 

 

 

 

RDSからデータを取得して、そのデータを加工した上でDynamoDBに処理結果を登録する仕組みを構築する場合

 

NW構成図

 

手順

  1. Lambda 関数で dynamo DB に連携する
  2. RDS 側でイングレスに Lambda のセキュリティグループを許可する

 

RDSからデータを取得して、そのデータを加工した上でDynamoDBに処理結果を保存するためには、Lambda関数を利用してDynamoDBへとデータ登録する仕組みを構築することが必要です。

RDSのプロキシ経由で連携することで、Lambda関数とも問題なく連携することが可能です。プロキシが導入される以前は、RDSはLambda関数との連携が不適切であRouteされていました。しかしながら、2,019年12月にリリースされた、RDSのプロキシ機能によって、Lambda関数との効果的な連携が可能となりました。

 

LambdaからRDSへのアクセスを実施したいため、RDS側のイングレスにLambdaセキュリティグループを許可する設定を行います。SecurityGroupEgress は、通常、Ingress ルーRoute Egress ルールの中でセキュリティグループが相互に参照できるようにするために必要な場合にのみ使用します。SecurityGroupIngress と SecurityGroupEgress は、通常、Ingress ルーRoute Egress ルールの中でセキュリティグループが相互に参照できるようにするために必要な場合にのみ使用します。それ以外の場合、SecurityGroup の埋め込み Ingress ルーRoute Egress ルールを使用します。

 

 

 

Twitterでフォローしよう