Linux2がなぜカーネルバージョン、4.14と5.10を採用しているのか?(それ以外をサポートしていないのか)

@darcy_it_comが独自に推測してみたいと思います。

AWSのシステム設計時に役立つ知識なので読んでおくと、設計構築のやり直しによる時間コストを軽減することができるでしょう。

Linux2のAMIを確認してみる

すると、5.10と4.14のみをサポートしていることがわかります。

 

Linuxカーネルバージョンサポート期間

公式サイトで確認する

すると以下のように記載されていることがわかります。(2022/12現在)

Version Maintainer Released Projected EOL
5.15 Greg Kroah-Hartman & Sasha Levin 2021-10-31 Oct, 2023
5.10 Greg Kroah-Hartman & Sasha Levin 2020-12-13 Dec, 2026
5.4 Greg Kroah-Hartman & Sasha Levin 2019-11-24 Dec, 2025
4.19 Greg Kroah-Hartman & Sasha Levin 2018-10-22 Dec, 2024
4.14 Greg Kroah-Hartman & Sasha Levin 2017-11-12 Jan, 2024
4.9 Greg Kroah-Hartman & Sasha Levin 2016-12-11 Jan, 2023

サポート期間が長いことがわかりました。

 

結論

Long Term Support(LTS)のバージョンだから!ですね。多分。。。

カーネルバージョンアップに伴う、プログラム改修やテストの期間を長くすることで安定運用を長期化できるので、

設計時には必ずチェックしておくことをおすすめします。

 

 

参考HP

Linux Kernel | endoflife.date

 

おすすめの記事