NLBの特長

 

NLBの特長

  • L4に対応
  • 毎秒数百万のリクエストに対応できる能力があります。
  • 数カ月から数年のオープンなコネクションを処理できます。
  • 開放型システム間相互接続 (OSI) モデルの固定IPアドレスを持つL4ロードバランサ
  • 揮発性ワークロードを処理し、毎秒数百万のリクエストに対応できる能力
  • VPC外のターゲットを含めたIP アドレスや静的IPアドレスでの登録
  • 複数のポートで各インスタンスまたは IP アドレスを同ターゲットグループに登録可能
  • 大規模アクセスが予測される際にCLBやALBで必要だったPre-warming申請が不要
  • ALBやCLBはX-Forwarded-Forでアクセス元IPアドレスを判断していたが、NLBはパケットからアクセス元を判断可能。
  • コンテナ化されたアプリケーションのサポート
  • 各サービスの個別のヘルスステータスのモニタリングのサポート

 

 

Twitterでフォローしよう