本書の目的

 

AWSのパラメータシートを自動化で作る方法

パラメータシートの構成を作る

  • Excel にフォーマットを作成する
    • フォーマット形式はいろいろ
    • 操作なしに素早く、確実に見られるようにする
  • 素早く、1つの動作でパラメータを取り出す(方法)
  • 取り出す、表示する場所を決める
    • 各AWSサービスをの値を CSV 出力する
    • 標準出力
  • CSV の値をエクセルに入力する(インポート)
  • 漏れがないか確かめる方法
    • サービス別
    • 値別
    • チェック一覧表を見て追加していく
    • 終わったものにチェックを入れていく

 

パラメータシートの構成管理を考えておく

差分が分かるようにしておく

  • 時間差の差分
  • 環境差の差分

 

追加分、削除分、更新分を意識しておく

 

 

誰に利用されるべきかを決める

 

誰に対して何を見やすくしておくのか、を決める

 

どのタイミングで利用されるのか

  • システム再構築時
    • パラメータシートから、パラメータ値を素早く取り出し、設定するべき場所に間違いなくコピーされる必要がある。

新規作成時は 地域からパラメータシート起こす

 

どのタイミングで作成されるのか

  • テスト環境構築、動作テスト完了後

 

更新頻度はCSV出力の自動化出力と入力を自動化しておく

 

フォーマットを決める

パラメータシートの構成を決める

ファイルを決める。

よく現場で利用されているソフトにする。

 

 

基本設計(外部設計)が完成した後。

 

どのように具体的な値を導き出すのか?導き出させるべきなのか?

テスト環境から、動作証明後。

 

誰のために作成するのか?

だれが、どのように、どのタイミングで利用されるのか?

構築時にAWSエンジニアが画面上に入れる値を決めるときに利用する。

 

問題となること

設定した実機とパラメータシートが合ってるのか。

 

AWSのパラメータシートは利用する、利用されるべきか