【RDS】MySQLの負荷対応について

拡張方法を紹介

 

Amazon RDSリードレプリカは、データベース(DB)インスタンスのパフォーマンスと耐久性を強化します。このレプリケーション機能を使用すると、読み取りが多いデータベースワークロードに対して、単一のDBインスタンスの容量制限を超えて弾力的にスケールアウトすることが容易になります

 

シャーディングはデータベース内の複数のテーブルにデータを分割するための一般的な概念です。リクエスト増加などで単一のマスターDBの運用で限界がある場合に、 一定のルールに従いデータを複数のDBに振り分けることでアクセスを分散させることができます

RDSでのシャーディングの方法については以下を参照してください。

https://aws.amazon.com/jp/blogs/news/sharding-with-amazon-relational-database-service/