RDSのリードレプリカ役目と特徴とは?

Amazon RDSにリードレプリカを追加すると、可用性、耐久性、パフォーマンスを向上させることが可能です。

データ冗長化とレスポンス向上させることがその目的の1つです。

RDSのリードレプリカとは?

 

 

リードレプリカで何ができる?

1 つの DB インスタンスのキャパシティーを伸縮自在にスケールし、読み取り頻度の高いデータベース処理を緩和できます。

 

アプリケーションの大容量読み取りトラフィックをデータの複数のコピーから提供することにより、全体の読み込みスループットを向上させることができます。

 

リードレプリカをマルチAZで構成することで、さらなる可用性や耐久性を向上させることが可能です。

 

別リージョンにレプリカを作成してリードレプリカを構成することもできます。

その結果、読み取り性能を向上させることができます。

その際にリードレプリカをスタンドアロンの DB インスタンスに昇格させることで、RDSに対してデータの冗長性を実現し、災害復旧を改善することができます。

 

リードレプリカのメリット

  • 可能性向上する
  • 耐久性が向上する
  • レスポンスが早くなる(パフォーマンス向上)

 

RDSリードレプリカの特徴

  • オフラインにする必要がない(ダウンタイムを必要としない)
  • プライマリーのDB インスタンスからリードレプリカを最大5台まで作成可能
  • リードレプリカはRDSのDBインスタンスが設置されたAZとは異なるAZにも構築が可能

 

 

 

Twitterでフォローしよう