RDSの冗長化について(マルチAZ)

 

RDSの冗長化について(マルチAZ)

RDSにオラクルデータベースタイプのインスタンスを起動して、マルチAZ構成を実現することで、データベースサーバーに障害が発生した場合でもWebサイトの可用性を高めることが可能です。

Amazon RDS マルチ AZ 配置は、データベース(DB)インスタンスの拡張された可用性と持続性を提供し、運用データベース作業負荷に自然に適合させます。

Multi-AZ DB インスタンスをプロビジョニングすると、Amazon RDS はプライマリ DB インスタンスを自動的に作成するのと同時に、異なるアベイラビリティーゾーン (AZ) にあるスタンバイインスタンスにデータを複製します。

各アベイラビリティーゾーンは、その独自の、物理的にはっきりと独立したインフラストラクチャ上で稼動しています。また高い信頼性を保つように設計されています。

インフラストラクチャ障害の場合、Amazon RDS はスタンバイ (Amazon Aurora の場合はリードレプリカ) に自動的にフェイルオーバーするので、フェイルオーバーが完了するとすぐにデータベースの動作を再開できます。

 

マルチAZ

Amazon RDS は、マルチ AZ 配置を使用して DB インスタンスの高可用性およびフェイルオーバーサポートを提供します。

RDS コンソールを使用すると、DB インスタンスを作成する際にマルチ AZ を有効化するだけでマルチ AZ 配置を作成できます。

コンソールを使用し、DB インスタンスを変更してマルチ AZ オプションを指定することで、既存の DB インスタンスをマルチ AZ 配置に変換できます。

AWS CLI または Amazon RDS API を使用してマルチ AZ 配置を指定することもできます。

 

 

レプリケーションの構築

トリガー

フォールオーバー

戻し

Twitterでフォローしよう