ルートテーブルとは?

 

ルートテーブルとは?

何のためにある?

サブネットの通信と他のネットワーク(サブネット)の疎通をするため。

 

どうやって設定する?(作成、アタッチ手順)

VPCの画面から作成と、サブネットへのアタッチを行う。

 

どこで動いている?

各サブネットでそれぞれ1つ動作している。

1つのサブネットには、1つのルートテーブルしかアタッチできない仕様となっている。

ルートテーブルを作成するとデフォルトで「VPC 内のルーティング許可(ターゲットがlocal)」設定が含まれている。