【Route53】DR(ディザスタリカバリ)について

 

【Route53】DR(ディザスタリカバリ)について

本環境DR環境(ディザスタリカバリ)と遠隔DR環境を別リージョンに設置して、その管理をRoute53で実施することで、他の選択肢よりもAWSのマネージドサービスを利用した自動フェイルオーバーが利用可能であり、DR対応を自動化することができます。

 

Route53を利用したDR環境の方式としては主に以下の2つが考えられます。

 

コールドスタンバイ

Amazon S3をバックアップデータの格納先として利用します。

事前にシステムイメージをクラウド上に準備します。

災害発生時にクラウド上のシステムを起動し、Route53で切り替えることで復旧します。

投資コストを抑えられ、手軽に始めることがで

 

ウォームスタンバイ

クラウドのスタンバイ環境にデータを常時レプリケーションします。

通常は、スタンバイ環境を最少構成で稼働させ、災害発生時は必要なキャパシティに変更します。

スタンバイ環境の運用が常時必要になりますが、Route53でシステム切り替えを素早く実行することができます

Twitterでフォローしよう