【Route53】フェールオーバー方式について

 

【Route53】フェールオーバー方式について

 

要件

EC2インスタンスに対してDNSルーティングを設定して、異常が発生しているインスタンスへのトラフィックを回避することで、アプリケーションの冗長性と信頼性を高めたいと考えています。異常が発生していない場合は、冗長化されたアプリケーション構成を平等に利用する

DNS フェイルオーバー設定における ACTIVE ACTIVE 構成にする

 

 

Route 53 のヘルスチェックを使用してフェールオーバー (アクティブ/アクティブとアクティブ/パッシブ) を設定できます。Route53は同じ機能を実行するEC2インスタンスなどのリソースが複数ある場合に、リソースの正常性をチェックして、正常なリソースのみを使って DNS クエリに応答するように Amazon Route 53 を設定することができます。

具体的には、「example.comサイト」が、世界各地の 3 拠点のデータセンターにそれぞれ 2 台ずつ、合計 6 台のサーバーでホストされているとします。

それらのサーバーの正常性をチェックし、その時点で正常なサーバーのみを使って example.com の DNS クエリに応答するように Route 53 を設定することができます

 

アクティブ/アクティブ構成

DNSフェールオーバー設定のアクティブ/アクティブ構成によって、設定された全リソースを平等に利用することができます。リソースが利用できなくなると、そのリソースを Route 53 が異常として検出し、以後、クエリへの応答に含めることを控えます。

 

 

アクティブ/パッシブ構成

フェールオーバー設定におけるアクティブ/パッシブ構成は、プライマリリソースを常に利用可能にしますが、すべてのプライマリリソースが使用できなくなった場合に備えて、セカンダリリソースまたはリソースグループをスタンバイ状態にします。

 

フェイルオーバーの設定

Route 53 を使用して DNS フェイルオーバーを設定するには、作成するレコードのタイプ (加重エイリアス、フェイルオーバー、レイテンシーなど) をノードごとに指定します。

つまり、フェールオーバールーティングではないルーティングポリシーにもフェールオーバーを設定することが可能です。

 

フェイルオーバールーティングについて

Route53のフェイルオーバールーティングは全EC2インスタンスに着信要求を均等に分散するといった処理はできません

 

加重ルーティング

 

位置情報ルーティング

Route53の位置情報ルーティングを使用すると、ユーザーの位置情報、つまりDNSクエリの発信位置に基づいてトラフィックを処理するリソースを選択できます。

たとえば、ヨーロッパからのすべてのクエリをノルウェー地域のELBロードバランサーにルーティングして、アジア地域のクエリは東京リージョンのELBロードバランサ―にルーティングを設定することができます。