Route53のレコードの種類

SOA

ゾーン転送時に情報が更新されているかの判断に利用する

A

ホスト名 と IP アドレスの関連付けを定義する

MX

メール 配送先のメールサーバーのホスト名を定義する

CNAME

正規 ホスト名に対する 別名を定義する

特定のホスト名を別ドメイン名に転送するときなどに利用する

ALIASレコードとは

IPアドレスまたはドメイン名の代わりに、ALIASレコードにはCloudFrontディストリビューション、Elastic Beanstalk環境、ELB Classic、Application、またはNetwork Load Balancer、静的Webサイトとして設定されているAmazon S3バケットへのポインタ、または 同じホストゾーン内の別のRoute 53レコードを設定することができます。

ALIASレコードの特徴

Route53固有のDNSレコード

DNSクエリに対して、AWS サービスのエンドポイントの IP アドレスを返答する

設定可能なサービスとして、S3バケット、CloudFront、ELBなどがある

メリット

DNS クエリに対するレスポンスが 高速

CNAMEにマッピングできないZoneApex(ドメイン名そのもの)の設定が可能

クエリが無料

Route53と連携した DNS lookupを高速化する

CloudFrontでのクエリ回数を削減

Amazon Route 53 Aliasレコードは Route 53 独自の DNS 拡張機能が提供されます。Aliasレコードを利用することで、Route53はELBやCloudFrontなどのAWSリソースにトラフィックをルーティングできます。

また、Aliasレコードにより、ホストゾーン内のあるレコードから別のレコードにトラフィックをルーティングできます。

ドメイントラフィックをELBにルーティングするには、Amazon Route 53を使用してロードバランサーを指すAliasレコードを作成します。

Route 53 のAliasレコードは、最初は AWS リソースなどのAliasターゲットの DNS 名が割り当てられます

Twitterでフォローしよう