【Route53】ルーティングポリシーの比較

 

【Route53】ルーティングポリシーの比較

シンプルルーティングポリシー

ドメインで特定の機能を実行する単一のリソースがある場合に使用します。

たとえば、example.com ウェブサイトにコンテンツを提供する 1 つのウェブサーバーなどです。

フェイルオーバールーティングポリシー

アクティブ/パッシブフェイルオーバーを構成する場合に使用します。

位置情報ルーティングポリシー

ユーザーの位置に基づいてトラフィックをルーティングする場合に使用します。

位置情報ルーティングはユーザーの位置情報(IPアドレスによる)基づいて特定のリージョンに対して、ルーティングさせる設定をすることができます。

ユーザーとリソースに基づいた地理的近接性ルーティングと似ていますが、リソースに基づかない等で部分的に異なることを理解してください。

 

位置情報ルーティングはユーザーの位置情報に基づいてトラフィックをルーティングする場合に使用します。これは処理能力に基づいたルーティングではないため、不適切です。また、DynamoDBは、データ容量に対するオートスケーリングを有効化することなく、マネージド型サービスとして自動でデータ容量が拡張されます。

 

地理的近接性ルーティングポリシー

リソースの場所に基づいてトラフィックをルーティングし、必要に応じてトラフィックをある場所のリソースから別の場所のリソースに移動する場合に使用します。

地理的近接性ルーティングでは、Amazon Route 53 はユーザーとリソースの地理的場所に基づいてリソースのトラフィックをルーティングします。

また、必要に応じて特定のリソースにルーティングするトラフィックの量を変更できます。それには、バイアスという値を指定します。

バイアスは、リソースにルーティングされるトラフィックのルーティング元である地理的リージョンのサイズを拡大または縮小します。

地理的近接性ルーティングを使用するには、Route 53 トラフィックフローを使用する必要があります

 

レイテンシールーティングポリシー

複数の AWS リージョンにリソースがあり、レイテンシーの最も小さいリージョンにトラフィックをルーティングする場合に使用します。

レイテンシルーティングによってレイテンシーの相違に基づいた最適なルーティングを設定することができます。

アプリケーションユーザーは世界中におり、すべてのユーザーがシステムを頻繁に使用しているわけではなく、一部リージョンで負荷が高くなっているため、Route53によるレイテンシールーティングを利用します。

これにより、ユーザーによるリクエストをレイテンシーが良くリクエストに近いリージョンにリダイレクトして、アプリケーションの処理を高速化します。

 

 

複数値回答ルーティングポリシー

ランダムに選ばれた最大 8 つの正常なレコードを使用して Route 53 が DNS クエリに応答する場合に使用します。

加重ルーティングポリシー

指定した比率で複数のリソースにトラフィックをルーティングする場合に使用します。

 

 

 

 

Twitterでフォローしよう