位置情報ルーティングのユースケースとは?

 

位置情報ルーティングのユースケース

その1

  • 他国による不正動画取得を防止するため、国内に限定して動画が再生されるようにする場合。
  • 特定の国からのアクセスを許可する場合。

 

その2

シンガポールリージョンとオーストラリアのリージョンに複製して、アプリケーションを拡張していて、リージョンに近いユーザーに対して、そのリージョンに最適な言語選択ELBによるトラフィック制御が必要となる場合。

 

機能について

位置情報ルーティングを使用すると、ユーザーの地理的位置に基づいてトラフィックを処理するリソースを選択できます。

レコードを作成するときは、Amazon Route 53 がクエリに応答する方法を決定する以下のようなルーティングポリシーを選択します。

 

 

 

 

Twitterでフォローしよう