【Route53】ルーティング方式について

 

ユースケース

A社では東京リージョンに業務インフラアーキテクチャをホストしています。 あなたはソリューションアーキテクトとして、社内で利用しているWEBサーバーを構成する個々のEC2インスタンスの個々のIPアドレス単位でのヘルスチェックを実施して、正常なEC2インスタンスにのみルーティングできるように構成したいと考えています。

この要件を満たすDNSの設定方法

  1. Route53でマルチバリュー(複数値回答)ルーティングを設定する

 

複数値回答ルーティングにより、Amazon Route 53 が DNS クエリに対する応答として複数の値 (ウェブサーバーの IP アドレスなど) を返すように設定できます。複数値回答ルーティングは各リソースが正常かどうかも確認するため、Route 53 は正常なリソースに値のみを返すことができます。したがって、EC2インスタンス単位での正常・非正常を判断してルーティングすることができます。これはロードバランサーに置き換わるものではありませんが、Route53が設定したインスタンスのトラフィックが正常であることをヘルスチェックした上で複数の IP アドレスを返すことができ、DNS を使用してアベイラビリティーとロードバランシングを向上させることができます

 

 

位置情報ルーティングはユーザーの位置に基づいてトラフィックをルーティングする場合に使用します。

 

 

フェールオーバールーティングはアクティブ・パッシブなどのフェイルオーバーを構成する場合に使用します。個々のEC2インスタンス単位での正常・非正常に応じてルーティングすることもできますが、この設定はセカンダリーとプライマリーリソースに設定した場合のみに可能となります。その際にIPアドレスに基づいたEC2インスタンスベースのヘルスチェックはできない

 

 

レイテンシールーティングは複数の AWS リージョンにリソースがあり、レイテンシーの最も小さいリージョンにトラフィックをルーティングする場合に使用します。

 

 

 

 

Twitterでフォローしよう