【AWS】Route53とは?DNSルーティングするサービスです。

Route53はDNSサービスです。主ににDNSルーティングに利用されるサービスです。

トラフィックを分散処理をするのにはELBを利用します。

DNSサーバの種類

  • 権威DNSサーバー
    • 名前解決機能がある
  • キャッシュDNSサーバー
    • 一時的にDNS情報を保存
    • 負荷を軽減、パフォーマンス向上

 

Route53とは?

  • AWSが提供する権威DNSサーバ
  • ポート53で動作することからRoute53と呼ばれる
  • 権威DNSサーバの機能をマネジメント型で利用できるAWSサービス
  • AWS側で100%の可用性を保証するSLA(品質保証レベル)

 

Route53の主要機能

  • ドメイン登録
  • DNSルーティング
  • ヘルスチェック

 

Route53の基本的な利用方法

  1. ドメイン登録
  2. ホストゾーンの設定
  3. ホストゾーンにDNSレコードを設定
  4. トラフィックルーティングの設定

 

ホストゾーンとは?

ドメイン(example.com)とそのサブドメイン(sub.example.com)のルーティング方法を格納するコンテナ。

ホストゾーンには、パブリックホストゾーンとプライベートホストゾーンがある。

 

操作画面

「ホストゾーンの作成」ボタンを押下して操作するドメインを作成する仕様。

ドメイン名は任意の名前を登録できる。

作成したドメイン名に対して、DNSレコード(NSレコード、Aレコード)やルーティングポリシーなどを設定していく。

 

 

 

 

パブリックホストゾーン

  • インターネット上に公開された DNSレコードを管理するコンテナ
  • インターネットの DNS ドメインに対するトラフィックのルーティング方法を定義する

パブリックホストゾーンは、 example.comなどのドメインのトラフィックをインターネットまたは特定のドメインでルーティングする方法についての情報を保持するインターネット上に公開されたDNSドメインレコードを管理するコンテナのことです

 

 

プライベートホストゾーン

  • VPC内のDNSレコードを管理するコンテナ
  • VPCのDNSドメインに対して、どのようにトラフィックをルーティングするかを定義する
  • ひとつのプライベートホストゾーンで複数の VPC に対応

VPCが相互アクセス可能であれば複数リージョンのVPCでも、同じホストゾーンを利用可能なのはプライベートホストゾーンの説明です

プライベートサブネット内にあるドメインをルーティングすることが可能というのもプライベートホストゾーンの内容です

 

 

 

 

ルーティング

Route53では、ポリシーによりルーティングを設定する

ルーティング方式の種類

  • シンプルルーティング
  • 加重ルーティング
  • レイテンシールーティング
  • 位置ルーティング
  • マルチバリュールーティング
  • トラフィックルーティング
  • 地理的接近性 ルーティング

 

シンプル ルーティング

レコードセットで事前に設定された値のみに基づいて DNS クエリに応答する

静的なマッピングにより ルーティングを決定

 

加重 ルーティング

複数エンドポイント 枚の重み 設定により DNS クエリに応答する

重み付けの高い エンドポイントに多く ルーティングする

 

フェイルオーバー ルーティング

ヘルスチェックの結果に基づいて 利用なリソースを DNS クエリに応答する

利用可能なリソースのみにルーティングする

 

マルチバリュー ルーティング(複数回答ルーティング)

ランダムに選ばれた 最大八つの別々のレコードを利用して、 IP アドレスを設定して、複数の値を変更する

IP アドレス単位でヘルスチェックを実施して ルーティングをすることでリソースの値を返す

アベイラビリティとロードバランシングを向上させることが可能(ELBまでの性能ではない)

 

レイテンシー ルーティング

リージョンの遅延により DNS クエリに応答する

基本的にはユーザーの最寄りのリージョンに返答する

リージョン間の遅延が少ない方へ ルーティングされる

 

どんなとき利用する?

アプリケーションユーザーは世界中におり、すべてのユーザーがシステムを頻繁に使用しているわけではないため、一部の地域では負荷が低く、別の地域では負荷が高くなっている場合

これにより、ユーザーによるリクエストをレイテンシーが良くリクエストに近いリージョンにリダイレクトして、アプリケーションの処理を高速化します。

 

位置情報 ルーティング

ユーザーの IP アドレスにより 位置情報を特定して、地域ごとに異なるレコードを返す

ネットワーク構成に依存しない、精度の高いレコードの区分けが可能

※東京リージョンには日本語のページ、アメリカ リージョンには英語のページを表示させたりすることができる

ユーザーとリソースに基づいた地理的近接性ルーティングと似ていますが、リソースに基づかない等で部分的に異なる

 

地理的接近性 ルーティング

ユーザーとリソースの場所に基づいて 地理的接近性ルールを作成して トラフィックをルーティングする

必要に応じてバイアスを設定し 特定のリソースにルーティングするトラフィック量を変更できる

トラフィックフローを利用する必要がある

 

どんなとき利用する?

EC2インスタンスとRDSを利用した構成を複数リージョンに跨いで利用するグローバルなWEBアプリケーションを構築した場合

地理的近接性ルーティングでは、Amazon Route 53 はユーザーとリソースの地理的場所に基づいてリソースのトラフィックをルーティングします。また、必要に応じて特定のリソースにルーティングするトラフィックの量を変更できます。それには、バイアスという値を指定します。バイアスは、リソースにルーティングされるトラフィックのルーティング元である地理的リージョンのサイズを拡大または縮小します。地理的近接性ルーティングを使用するには、Route 53 トラフィックフローを使用する必要があります。

 

 

 

トラフィックフロー

従来 は alias record を駆使して複雑なルーティング ポリシーを作成していた

現在はトラフィックフローによる視覚的なフローで複雑なポリシー設定が可能となった

 

ルートレコードセット 画面で ルーティング ポリシーを設定

トラフィックフローでルーティング ポリシーを設定

 

トラフィックポリシー

複雑なルーティングを設定するためには、トラフィックフローを用いて順序を設定することでトラフィックポリシーを設定することができます。

トラフィックフローのビジュアルエディターはトラフィックポリシーを作成するために使用します。トラフィックポリシーには、作成するルーティング設定に関する情報が含まれます。これには、使用するルーティングポリシー、および各 EC2 インスタンスの IP アドレスや各 ELB ロードバランサーのドメイン名など DNS トラフィックのルーティング先となるリソースがあります。また、ヘルスチェックをエンドポイントに関連付けて、Route 53 が正常なリソースにのみトラフィックをルーティングするようにもできます。これにより、複雑なルーティングをビジュアル的に設定することができます

Twitterでフォローしよう