RPO(Recovery Point Objective)

障害発生時、過去の「どの時点まで」のデータを復旧させるかの目標値。

 

RTO(Recovery Time Objective)

障害発生時「どのくらいの時間で(いつまでに)」 復旧させるかを定めた目標値。

言い換えると、「システム停止やサービス中断が許される時間」

RTOが短いほど、そのコストは高くなる。

 

契約(SLA:Service Level Agreement)や設計書をみて構築していくとよい。