S3のオブジェクトストレージとは?

オブジェクトストレージとは、HTTPSプロトコルで通信するストレージのことです。

S3はHTTPSで通信を行うオブジェクトストレージで、

通信速度が他のストレージサービスと比べて遅いのが特徴です。

また、多数のサイズの大きなファイルを扱うのが得意なストレージでもあります。

 

IoTやAIなどの普及によって、大勢の人にインターネットを介して情報を共有する場面が増えてきています。

そんな場合にインターネット上の安全な保管庫として、最適なのがS3というわけです。

遠く離れた場所から、暗号化されたHTTPS通信によって安全にアクセスできるのがメリットです。

 

他のメリットとしては、APIを利用して操作が可能といったことが挙げられます。

つまり、プログラム上からAPIを呼び出して、ストレージ内のデータを加工したり、移動したりすることが可能なのです。

 

オブジェクトストレージ以外のストレージサービス

EBS

ブロックストレージの部類に属する。SCSI接続でサーバと通信を行う。

 

 

EFS

ファイルストレージの部類に属する。LAN接続でサーバと通信を行う。

 

 

Twitterでフォローしよう