S3のユースケース4選

S3のユースケースとしては主に4つの用途があります。

  1. 静的コンテンツ(画像)の配信
  2. 静的WEBホスティング
  3. バッチ連携
  4. ログの出力先

 

1. 静的コンテンツ(画像)の配信

画像をS3から配信する。

 

S3から静的コンテンツ(画像)を配信するメリット4つ

  • WEBサーバのストレージ容量の肥大化を防ぐことが可能
  • 画像へのアクセスをS3に振り分けてトラフィックの負荷分散ができる
  • CloudFrontを利用して、画像配信を高速化できる
  • オートスケーリングが簡単にできる
    • Webサーバに画像が保存されていると、台数を増やしたときに、画像を同期する必要がある
    • スケールアウトが難しい

 

2. 静的WEBホスティング

静的なWEBページ(ライティングページ:商品紹介1ページ)をS3から公開する。

 

3. バッチ連携

バッチファイルをS3に置く。

バッチファイルを参照してバッチ処理を行う。

 

4. ログの出力先

定期的にログをS3に保管する。

 

 

 

 

 

Twitterでフォローしよう