サービスの自由度がそれぞれ違います。

SaaS、PaaS、IaaSの違い

 

  • SaaS(Software as a Service)
    • 開発自由度は低め
    • 提供されいている基盤、OS、ソフトを利用する(借りる)サービス形態
    • 基盤、OS、ソフトの不具合は提供元が責任を追う
  • PaaS(Platform as a Service)
    • 開発自由度は中間
    • ソフトウェアは顧客が用意
    • 基盤、OSは提供元が提供(ユーザーは借りる)、不具合も提供元が管理
    • アプリケーション開発のみに力を入れることができる
    • アプリケーションの不具合はユーザーの責任
    • VPS
  • IaaS(Infrastructure as a Service)
    • 基盤(ハードウェア)のみを提供するサービス形態
      • 基盤の不具合は提供元の責任
    • OS、アプリはユーザーが用意する
      • OS、アプリの不具合はユーザー側の責任
    • 特徴
      • 開発自由度高め

 

メリット

力を入れられる対象が絞ることができる。

 

SaaSサービスの代表例

  • Gmail
  • Salesforce
  • Google Workspaces
  • S3
  • Cloud Watch

 

AWSサービスの中にもSaaS、PaaS、IaaSに分かれている。

どの部分までマネージドサービスを行ってくれるかによって責任共有モデルの範囲が変わってくる。