【AWS】SnowBallの種類

 

【AWS】SnowBallの種類

  • AWS Snowball
  • AWS Snowball Edge
    • AWS Snowball Edge Compute Optimized
    • AWS Snowball Edge Storage Optimized
  • AWS Snowmobile

 

AWS Snowball

AWS Snowball は、安全なデバイスを使用して AWS クラウドの内外に大量のデータを転送するペタバイト規模のデータ転送サービスです。

現在はSnowBall Edgeの利用が推奨されており、利用することはありません

Snowball はセキュリティを考慮して設計されたデバイスを使用して、ペタバイト規模のデータ転送を可能にします。このデバイスを利用してAWS クラウド内外に大容量データを転送できます。

Snowball を使用すると、高いネットワークコスト、長時間かかる転送、セキュリティ面の懸念といった、大規模なデータ転送に関する一般的な課題を解決できます。

データを簡単、迅速、安全に転送でき、高速インターネットによるデータ転送と比較して、コストは5 分の 1 ほどで済みます。

 

AWS Snowball Edge

AWS Snowball Edge はデータ移行とエッジコンピューティングのデバイスです。

統合されたストレージとコンピューティング機能を備えた 100 TB データ転送デバイスであり、ペタバイト規模のデータの移動、遠隔地やオフラインのロケーションでの簡単な事前処理の実行に使用できます。

エクサバイト規模のデータ転送には役割不足です。

AWS Snowball Edge はデータ移行とエッジコンピューティングのデバイスであり、2つのタイプがあります。

 

Snowball Edge Compute Optimized

Snowball Edge Compute Optimized は、機械学習、フルモーション動画分析、分析、ローカルコンピューティングスタックなどのユースケースに強力なコンピューティングリソースを提供します。

このデバイスは、S3 互換オブジェクトストレージまたは EBS 互換ブロックボリューム用に 42 TB の使用可能な HDD 容量を提供します

Snowball Edge Compute Optimized は、切断された環境における高度な機械学習およびフルモーションビデオ分析などを実行するため、52 個の vCPU、ブロックストレージとオブジェクトストレージ、オプションの GPU を提供します。

Snowball Edge で EC2 AMI の実行や AWS Lambda コードのデプロイを行うことにより、機械学習や他のアプリケーションでローカルに処理および分析を行うことができます。

 

Snowball Edge Storage Optimized

Snowball Edge Storage Optimized デバイスは、大規模なデータ移行と定期的な転送ワークフロー、およびさらに高容量を必要とするローカルコンピューティングに適しています。

Snowball Edge Storage Optimized は、ブロックボリュームと Amazon S3 互換オブジェクトストレージに 100TB の HDD 容量を提供します。

しかしながら、利用可能なボリュームは80TBほどです。

したがって、100TBのデータを移行するためには、Snowball Edge Storage Optimized が少なくとも2台必要であり、他の選択肢では容量が不足します。

Snowball Edge Storage Optimized は、ブロックストレージと Amazon S3 と互換性のあるオブジェクトストレージの両方、および 24 個の vCPU を提供します。ローカルストレージや大規模データ転送に最適です。

 

AWS Snowmobile

AWS Snowmobile は、超大容量データを AWS に移動するために使用できるエクサバイト規模のデータ転送サービスです。

セミトレーラートラックが牽引する長さ 14 m の丈夫な輸送コンテナで、Snowmobile 1 台あたり 100 PB まで転送できます。

Snowmobile を使うと、ビデオライブラリや画像リポジトリ、またはデータセンター全体まで、膨大な量のデータを簡単にクラウドに移動できます。

Snowmobile でのデータ転送は、より安全かつ高速で、コスト効率の良い方法です。

 

 

 

Twitterでフォローしよう