非アクティブユーザーを一気に解除する

非アクティブユーザーとは

ある程度の期間(例14日、1ヶ月)ツイートがないアカウントのことです。

フォローしても情報が入ってこないのでフォローをしていても意味がないので、簡単に楽してフォロワー解除する昨日がソーシャルドッグには備わっています。

 

情報発信してないTwitter のアカウントをフォローをし続けるとどうなるか

自分が正しいアカウントをフォローしているか、フォローし続けているかわからなくなる。

新しいアカウントは何か。それはリアルタイムで自分にとって必要な情報を配信してくれるアカウントのことです。

Twitter はリアルタイム性、専門性が他にないメディアのメリットなので、その意味がなくなってしまいます。

そういった意味で自分が、常に正しいフォロワーをフォローしているか確認する必要があるのです。

これが Twitter アカウントを運用する意味のひとつです。

逆に言うとこれができてないということは、有益な情報をいち早く正しく取得できていないということになります。

最新をやめてしまったアカウントが把握できていないということは無駄なアカウントをフォローをしている、ということになります。

別に放っておけばいいではないかという意見もあります。

しかしそれで運用していると言えるでしょうか。第三者に自分はTwitter の情報収集で差をつけているということが言えなくなります。

 

情報配信を一時的に停止している可能性

そういう場合も考えられます。しかし、リアルタイムで配信する内容はなくなっているということでもありますので、わざわざ Twitter をフォローしておく意味がありません。

ヘタをすると昔の情報がタイムライン上に上がってくる可能性もあります。

昔の情報や普遍的な情報はブログで見に行けばいいだけの話です。

わざわざ Twitter のタイムラインからツイートやアカウントを探す必要はありません。

と言うか、色々なタイムラインが流れてくるので、探すのが困難です。

どうしても残したい場合は、Twitter アカウントの URL をメモ帳などに保存しておくのがいいでしょう。

ただしすぐ検索できるようにしておく必要があります。すぐ検索してアクセスできなければ時間の無駄です。

 

Twitter を見ていない可能性もある

Twitter でツイートしてないということは、Twitter のタイムラインを見ていない可能性もあります。

Twitter を見ることが習慣になってない可能性があるということです。

もしビジネスで情報配信を考える場合も、多くのフォロワーに対して配信しているので宣伝効果があると勘違いしてしまう場合があります。

こういった意味でも、リアルタイム配信を行っているユーザーを把握、フォローしておくというのは重要な意味があるのです。

 

非アクティブユーザーを解除

ソーシャルドッグを利用すると、フォロー解除ボタンをクリックした後に、同じ頃フォロー解除ボタンが同じ位置に表示されます。

つまり、右上のフォロー解除ボタンの位置で連打すると、連続してフォロワー解除が行えるのがメリットです。

フォロワー解除は楽に時短ですぐできるので便利です。

 

Twitterでフォローしよう