VPCを複数で分けて運用するメリットとは?(分割するケース)

 

 

VPCを複数で分けて運用するメリットとは?(分割するケース)

VPCを2つに分けるということは、IP帯を分けるということです。

つまり、論理ネットワークを分割することを意味します。

 

 

 

それぞれ特徴があります。

 

 

ユースケース

VPCを分けたい場合はどのようなユースケースが考えられるか

  • ネットワーク(IP帯)を分離したい場合
  • 責任分界点を入れたい場合
  • アプリ(サービス)単位でVPCを分ける
    • 他のアプリに影響が無くなる
  • 運用者単位でVPCを分ける

 

分割パターンと理由を把握する

AWSアカウントとVPC、分ける? 分けない?: 分割パターンのメリット・デメリット

 

VPCを2つに分ける(分割する)メリット

信号が届かない。

2つのシステムが干渉しにくくなる。

本番VPCと切り分けて影響を限定的にする。

VPCを2つ分ける手順

  • IPを設計する

 

VPCを1つ(単数)でまとめるメリット、デメリット

メリット

 

デメリット

 

2つのVPCを繋げる技術

  • VPCピアリング
  • TransitGateway