オンプレミスとVPCのサイト間を接続するには?

 

オンプレミスとVPCのサイト間を接続するには?

AWS managed VPNを利用することで、オンプレミス環境とVPC間とのサイト間接続を実行することができます。

Amazon VPCには、リモートの顧客ネットワークとVPCの間にIPsec VPN接続を作成するオプションがあります。

VPC内に配置されたインスタンスからオンプレミス環境にあるカスタマーゲートウェイに通信を到達させる。

サイト間VPN接続で使用されるルートをルートテーブルに設定する。

AWS側にある仮想プライベートゲートウェイを指す設定する。

仮想プライベートゲートウェイは、VPN接続を介してオンプレミスエリアに接続するために使用されます。これにより、外部ネットワークとプライベートサブネット内のネットワークを含むAWS VPC間の接続が提供されます。

 

 

静的ルーティングの場合、VPN構成に指定した静的IPプレフィックスは、サイト間VPN接続の状態がUPのときにルートテーブルに伝達されます。

 

動的ルーティングの場合、サイト間VPN接続のステータスがUPのときにカスタマーゲートウェイからのBGPアドバタイズされたルートはルートテーブルに伝播されます。

 

 

VPN CloudHubを使う方法

AWS VPN CloudHubというサービスによってサイト間接続をすることも可能です。

AWS VPN CloudHub を使用するには、複数のカスタマーゲートウェイを使って仮想プライベートゲートウェイを作成する必要があります。

 

NATゲートウェイについて

NATゲートウェイはプライベートサブネットのインスタンスからはインターネットや他の AWS サービスに接続できます。

インターネットから、これらのインスタンスに直接接続ができないようにするルーティングサービスです。

 

 

Twitterでフォローしよう