一つのサブネットに一つのルートテーブルを用意できますが、指定がない場合はVPC作成時に自動生成されるメインルートテーブルがサブネットに割り当てられます。